カフェ潮の路1周年記念イベントを開催しました!


4月29日(日)、「おかげさまで1周年!カフェ潮の路 感謝の集い」と題したイベントを開催いたしました。

会場となったカトリック徳田教会・信徒ホールには、カフェの常連さんや連携をしている団体の皆さんを中心に約100人が集まり、大盛況でした。

この記事の写真は全て、カナダ人ジャーナリストのMichael Goldbergさんが撮影し、提供してくださったものです。Michaelさんはカフェの常連さんの一人でもあります。Michaelさん、ありがとうございます。

14時にイベントが始まると、冒頭でソウル・フラワー・ユニオンの名曲『潮の路』が流されました。その後、司会が開会を宣言し、つくろい東京ファンド代表理事の稲葉が開会の挨拶を行ないました。

挨拶の中では、昨年の開店準備をしている時のソウル・フラワー・ユニオンの中川敬さんとのやりとりや、武盾一郎さん作の線譜『潮の路』の紹介も行ないました。詳しくは、昨年、クラウドファンディングを行なっていた時の記事をご覧ください(クラウドファンディングは昨年5月に修了しています)。

Vol.4 カフェ潮の路物語【その2】~縁と偶然から生まれた「潮の路」

Vol.5 武盾一郎さん作・線譜『潮の路』が完成!初のコーヒー出張販売もおこないました。

次にお世話になっている方々からご挨拶をいただきました。

まずは、この日の会場を貸してくださるなど、カフェを応援してくれているカトリック徳田教会の主任司祭、大倉一美神父からご挨拶をいただきました。

その後も、カフェの改装費を寄付してくださった村尾望さん、作家の星野智幸さん、ミシュカの森の入江杏さん、ひとさじの会の僧侶、吉水岳彦さんから、それぞれあたたかいスピーチをいただきました。

立川らく人による新作落語のお披露目!

イベントは3部構成になっていて、第一部は立川らく人さんによる落語でした。立川らく人さんもカフェの近所に住まわれていて、常連さんのお一人です。

これまで古典落語のみを演じてきた立川らく人さんが初めて新作落語に挑戦するとあって、ファンの方々からも大きな注目を集めていました。

新作落語は、「迷惑番人」(大人の部活・落語部作)と「猫の手」(小金丸大和さん作)の2本。どちらも現代の貧しい人々を題材とした笑いあり、涙ありの作品で、お客さんに楽しんでいただきました。

休憩後、今度は中野区内で連携をしている団体の皆さんから、スピーチをいただきました。

まずは、元・新宿区福祉事務所の職員で、現在はカフェ・モモガルテンのマスターである嘉山隆司さんがスピーチ。稲葉と「カウンター越し」に出会ったことや、カフェ潮の路の開店にあたり、カレーやパスタのレシピを提供してくださった話などをしてくださいました。

その後、ここからプロジェクトの伊藤由宏さん、みんなのこども会の上川多実さん、子育て環境向上委員会@中野の丸茂さん、プレプレ中野の佐々木さんからそれぞれ活動紹介をしていただきました。

ソケリッサ!の迫力パフォーマンス

第2部は、新人Hソケリッサ!によるダンスパフォーマンス。

この日のパフォーマンスは、ソケリッサ!の各メンバーが自分で選んだ曲に合わせて踊る、という趣向で、それぞれ迫力のあるダンスを見せてくれました。

ソケリッサ!のメンバーの中には、カフェでよく顔を合わせている人もいるのですが、この日のダンスを通して、「この人にこんな一面があったとは!」という新鮮な驚きを持つことができました。

座談会「一人ひとりとの関わりから学ぶ」

2回目の休憩の後は、ハウジングファースト東京プロジェクトに参加している各団体による自己紹介。こちらも笑いが絶えないスピーチタイムでした。

最後のパートは、「一人ひとりとの関わりから学ぶ」と題した座談会。
カトリックのシスターで、長年、山谷地域で日雇い労働者やホームレスの人の支援を続けてこられた中村訓子さん(ほしのいえ)、新人Hソケリッサ!主宰のアオキ裕キさん(ダンサー・振付家)、カフェ潮の路で「女将」役を務める小林美穂子(つくろい東京ファンド)の3人が語り、司会進行を稲葉が務めました。

それぞれの方から活動に関わるようになったきっかけや、活動を通して関わった生活困窮者一人ひとりとのエピソードが語られ、このイベントの締めくくりにふさわしい座談会になりました。

中村訓子さんからは、山谷で亡くなった方の名簿を作られているという話もしていただきました。

関連記事:東京新聞:山谷シスター 命の名簿 労働者の街 生きた証し刻む:社会(TOKYO Web)

イベント会場では、潮の路珈琲や特製夏みかんスカッシュの販売や、ボランティアの方々が作ってきてくださったケーキやお菓子の配付、新刊『ハウジングファースト』(稲葉剛・小川芳範・森川すいめい編、山吹書店)の販売も行われました。

関連記事:稲葉剛・小川芳範・森川すいめい編『ハウジングファースト』、好評発売中です! -稲葉剛公式サイト

「感謝の集い」は、たくさんの方の協力があって、初めて開催することのできたイベントでした。協力してくださった方々、お越しくださった方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

2年目に入るカフェ潮の路を今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事:カフェ潮の路、おかげさまで1周年!お福わけ券は計700枚突破! 


関連記事

  1. 夜回りボランティア募集のお知らせ(2017年6月、7月)

  2. 「つくろいハウス」年末物資カンパのお願い

  3. 現代、東京で人間らしく暮らし直す〜ハナミズキの家居住レポート…

  4. ハウジングファースト鼎談:ポリーヌ・ロンテ 氏 × サンドリ…

  5. 「カフェ潮の路」、ついにオープン!オンラインショップも始動し…

  6. 3月5日(月)つくろいボランティア募集セミナー@カフェ潮の路…