つくろい東京ファンドとは?

市民の力でセーフティネットのほころびを修繕しよう!

一般社団法人つくろい東京ファンドは、2014年6月、「市民の力でセーフティネットのほころびを修繕しよう!」を合言葉に、東京都内で生活困窮者の支援活動をおこなってきた複数の団体のメンバーが集まり、設立されました。
代表理事は、過去20年間、東京・新宿を中心に路上生活者や幅広い生活困窮者の相談・支援をおこなってきた稲葉剛(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事)が務めています。
東京では、バブル経済崩壊後の1990年代半ばから官民による路上生活者支援がおこなわれてきました。また、国内で貧困が拡大した2000年代半ば以降は、「ネットカフェ難民」など、安定した住まいを喪失した生活困窮者(ハウジングプア)の増加に伴い、路上生活に至る前の段階にある困窮者への支援もおこなわれてきました。

近年、路上生活者への生活保護の適用が進み、路上にいる人たちの数は減ってきましたが、まだまだ路上には多くの人たちが取り残されています。また、路上以外の不安定な場所にいる人たちについては本格的な調査すら実施されていません。

「しくみ」としてのセーフティネットは整いつつあるのに、そこからこぼれ落ちている人がたくさんいる。そんな問題意識から「つくろい東京ファンド」は出発しました。

住まいは人権!日本における「ハウジングファースト」のモデルをつくる

では、セーフティネットに開いている穴の正体は何なのでしょうか?
私たちは、行政の支援策に「ハウジングファースト」という観点が抜けているのが問題だと考えました。

「ハウジングファースト」とは、住居を喪失した生活困窮者の支援において、「まずは安定した住まいを提供することを最優先におこなうべき」という考え方です。それは、「生活の拠点である住まいを確保することはすべての人に保障されるべき人権である」という理念に基づいています。
近年は欧米のホームレス支援においても「ハウジングファースト」に基づく支援策が広がり、「まずは就労を優先」や「施設で生活訓練をした上で段階的にアパートに移行」といった従来型の支援よりも有効であることが立証されつつあります。
「安心して暮らせる住まいがほしい」という当事者の要望に行政が耳を傾けないことによって、多くの人たちが事実上、「しくみ」から締め出されてしまっているのです。

20160306111518

第一弾として、個室シェルター「つくろいハウス」を開設しました!

そこで、つくろい東京ファンドは「ハウジングファースト」実現に向けた第一弾のプロジェクトとして、個室シェルターを設立することにしました。
2014年7月、東京・中野区内にあるビルを改装し、住まいのない生活困窮者のための個室シェルター「つくろいハウス」(7部屋)を開設しました。
シェルター開設に必要な費用は、クラウドファンディングなど、多くの市民から集まった資金でまかないました。
「つくろいハウス」では、東京都内各地で生活困窮者を支援する団体からの紹介で、路上生活やネットカフェ生活をしていた人たちを受け入れ、安定した住まいに移れるまでの支援をおこなっています。
また、シェルター退去後の住まいとして借り上げアパート(2部屋)も開設しました。今後、徐々に増やしていきたいと考えています。

20160306112707

あなたも「つくろい仕事」に参加しよう!

つくろい東京ファンドのマスコットキャラクターは「つくろい猫のぬいちゃん」。縫い針を持ったぬいちゃんは、セーフティネットの穴をふさぐため、ほころびをせっせとつくろっています。
あなたもぜひ、ぬいちゃんの「つくろい仕事」に力をお貸しください。20160306114311