『新たな社会的住宅の創出×運営の試み』(NPOコレクティブハウジング社)の事例として取り上げられました。

つくろい東京ファンドが運営する「つくろいハウス」の取り組みが、NPOコレクティブハウジング社編・著の報告書『新たな社会的住宅の創出×運営の試み』で社会的住宅の事例の一つとして、取り上げられました。

この報告書は、「平成29年度 国土交通省 先駆的空き家対策モデル事業」の一環として制作されたものです。

事例紹介の本文(全13事例)はネットでもご覧になれます。以下の画像をクリックしてみてください。

つくろいハウスは、「【事例5】ハウジングファーストを実践する空室シェルター事業」として紹介されています。

ぜひご一読ください。

関連記事

  1. 研究広報誌「アド・スタディーズ」Vol.62にカフェ潮の路の…

  2. 【2017年2月21日】 「つくろいハウス」元入居者とスタッ…

  3. 毎日新聞の夕刊コラムでカフェ潮の路で働く若者が紹介されました…

  4. 商業界オンラインでカフェ潮の路が紹介されました。

  5. 【2014年8月6日】 毎日新聞:「ひと」欄に稲葉剛の紹介記…

  6. 【2016年11月18日】 「『まず住まい』のホームレス支援…