『新たな社会的住宅の創出×運営の試み』(NPOコレクティブハウジング社)の事例として取り上げられました。

つくろい東京ファンドが運営する「つくろいハウス」の取り組みが、NPOコレクティブハウジング社編・著の報告書『新たな社会的住宅の創出×運営の試み』で社会的住宅の事例の一つとして、取り上げられました。

この報告書は、「平成29年度 国土交通省 先駆的空き家対策モデル事業」の一環として制作されたものです。

事例紹介の本文(全13事例)はネットでもご覧になれます。以下の画像をクリックしてみてください。

つくろいハウスは、「【事例5】ハウジングファーストを実践する空室シェルター事業」として紹介されています。

ぜひご一読ください。

関連記事

  1. 【2016年1月6日&8日】 「ふとんで年越しプロジェクト2…

  2. 東京ボランティア・市民活動センター『ネットワーク』350号で…

  3. 【2015年6月22日】 全国賃貸住宅新聞に個室シェルター「…

  4. 朝日新聞「窓」欄に、つくろい東京ファンドが支援した男性の経験…

  5. 【2017年6月14日】つくろい東京ファンドの夜回り活動に関…

  6. 【2017年8月27日】読売新聞にカフェ潮の路の紹介記事が掲…