古書店「潮路書房」オープン!本の寄付&「私の一冊」のポップ作りにご協力を!

つくろい東京ファンドでは、12月12日、「カフェ潮の路」の1階スペースで、古書店「潮路(しおじ)書房」をオープンいたします。営業日は「カフェ潮の路」と同じ火曜日・木曜日の12~17時です。

「潮路書房」は、7月末に終了したコーヒー焙煎事業に代わる新たな仕事作りのプロジェクトです。

多様な人々が行き交う「カフェ潮の路」で営む古本屋ですので、多様な方々よりご協力を仰ぎたいと考えています。どうか、ご自宅で不要となった本を送ってください。

ただ、「潮路書房」は3坪ほどの小さなスペースしかなく、たくさんの本を収納できません。そこで、岩手県大船渡市で復興支援の事業に取り組む「地域商社椿屋」と連携をして、集まった本の一部を引き取ってもらい、ネット販売をしてもらうことになりました。
引き取っていただいた本の買い取り価格に相当する金額を当団体の生活困窮者支援活動に寄付をしていただきます。

この合同プロジェクトの名前は「Mission Books」
この仕組みにより、あなたの本棚に眠っている本が、①ホームレス経験者の仕事をつくる、②被災地での仕事をつくる、③生活困窮者を支える活動の資金になる、という3つの目的に活用されることになります。
本を送ってくださる方は、以下の点をご確認の上、書籍をダンボール箱に入れて、下記住所に宅配便をお送りください。
申し訳ありませんが、送料のご負担をお願いいたします。

【必ずご確認ください】

1.送付していただいた本は、Mission Booksプロジェクト(一般社団法人つくろい東京ファンドと地域商社椿屋の合同プロジェクト)への寄付物品として販売用に活用させていただきますが、本の状態によっては処分させていただくこともあります。

2.理由を問わず、送付後に本の返還、買い取り相当額の支払いを請求することはできません。

3.宅配便に記載されたご連絡先に一般社団法人つくろい東京ファンドから連絡をさせていただくことがあります。つくろい東京ファンドのプライバシーポリシーは、こちらのページをご覧ください。

【送付先】〒176-0014 東京都練馬区豊玉南1-4-2 潮路書房あて
電話:090(6159)8787(稲葉)

※申し訳ありませんが、宅配便の送料のご負担をお願いいたします。
※スペースに限りがあるため、3箱以上送る場合は、必ずメールフォームから事前連絡をお願いします。

※辞書・百科事典、雑誌、図書館のリサイクル本、内容に人権上の問題がある本はお引き受けできません。

ぜひご協力をお願いいたします。

「私の一冊」のポップ作りにご協力を!

また、潮路書房は「本」を通して「人」を知る本屋にしたいと考えています。

さまざまな人生を歩いてきた皆様に「私の一冊」を選んでいただき、その本にまつわる思い出やエピソードなどを書いていただいた自作のポップを付けて、書店内の「私の一冊」コーナーに並べたいと思います。

その「本」を紹介する「人」も浮かび上がる仕掛けです。

ぜひあなたも「私の一冊」を選んでいただき、本と一緒にポップをお送りください。

【ポップの作り方】

横10㎝×縦8㎝程度の紙をご用意ください(こちらで厚紙に貼り付けるので、コピー用紙などを切ったもので構いません)。
サインペンなどで以下の内容をお書きください。

・本のタイトルと著者名
・その本にまつわる自分の思い出やエピソード
・あなたのお名前(ニックネーム、イニシャル可)、職業(現在/過去に経験した職であれば何でも可)、年齢(任意)

以下はカフェの常連さんやスタッフに書いてもらったポップです。

ポップは本とともに「潮路書房」の店内に掲示させていただくほか、ブログ等で画像をアップさせていただくことがあります。あらかじめ、ご了承ください。

皆さまから、どんな本が、そしてどんなエピソードが送られてくるのか楽しみにしています。
絵本や漫画も含め、本を一冊も読んだことがない人はあまりいません。
一人ひとりの人生に、どんな本が寄り添っていたのか…。その一端を知るだけで、その人に対する印象や理解は少し深まり、そのことが自分の日々も少し豊かにしてくれるのではないかと夢想しています。

本のご寄付と「私の一冊」のポップ作りに、ぜひご協力をお願いいたします。

関連記事

  1. ハビタット・フォー・ヒューマニティにシェルターの修繕をしてい…

  2. 「カフェ潮の路」、ついにオープン!オンラインショップも始動し…

  3. 夜回りボランティア募集のお知らせ(2017年6月、7月)

  4. 【カフェ潮の路】2019年12月~2020年1月の営業日のお…

  5. 【イベント案内】3月20日(月・祝) 映画とトークの集い「戦…

  6. カフェ潮の路オープンから2か月。試行錯誤の毎日です!